2005年に東京でブランドをスタートし、日本のみならず世界中で高い評価を受ける「APPLEBUM」。

A Tribe Called Questの名曲『Bonita Applebum』をブランド名の由来とし、ヒップホップの黄金期とされる80~90年代を生で体感してきた感覚をウエアに落とし込んでいる。

これまでに「STÜSSY」や「UNDEFEATED」などのブランドや、アーティスト・映画といった様々なコラボレーションを実現。

中でも伝説のヒップホップグループ「Wu-Tang Clan」とのコラボレーションは、彼らが影響されたカンフー映画のモチーフを日本の名産品であるスカジャンに落とし込み、90’sヒップホップを東京的解釈で発信したAPPLEBUMならではのコレクションとなった。

「反骨と革新とユーモア」を哲学として掲げ、アメリカやヨーロッパのストリートと肩を並べられる、日本や東京ならではの価値観や表現を誇りに常に進化し続けているブランドである。